えもぷ旅行記

えもぷが旅行した記録です。

ヨーロッパひとり旅日記 3. プラハ着陸!キャッシングとSIM。

プラハまでは6時間

ドバイからプラハまでもエミレーツ航空でした。

離陸前に眠ってしまったのですが、多分離陸してそこまで時間が経たないうちにアップルパイをもらいまいした。(写真忘れた〜)

食べたらまた眠ります。

で、起きてランチ。
「チキン オア ラム?」だったのでわたしにしては珍しくラムをチョイスしました。
さっきチキン食べたし、ドバイってラム食べるイメージだしなんとなく美味しそうかなって。

結果、これは美味しかったです。また食べたい。
でも、付け合せの細長いご飯が微妙〜。

f:id:elifechan:20170926060017j:plain

エミレーツ航空のご飯は全体的に得体の知れないスパイスが幅を利かせていて、なんだか馴染めない、という結論です。

今回も窓側で寝たり起きたり。隣が日本人の女性でよかった。

プラハについた!

スーツケースを受け取ったら角がべこって凹んでるトラブルもありましたが(職員の人に証明書を作ってもらいました。)ここから旅行本番です。

SIMを買うよ。

プラハについたらまずキャッシュを手に入れてSIMを買わないとね。

海外旅行の際は日本では一切現地通貨を持たずに出かけ、その土地のATMでクレジットカードのキャッシング機能を使ってキャッシュを下ろすやり方を取っています。

いつも使えなかったらどうしよう、、ってちょっとドキドキするのですが、一度も使えなかったことはないです。

今回は5,000CZKをキャッシング。
ATMのトランザクションフィーが150CZK, 日本円は、25,973JPYでした。

だいたい5倍するとJPYになりますね。

さて、SIM屋さんは、ターミナル2の1階にあります。ドバイからの便はターミナル1に着くのでちょっと歩きます。
キャリアはVodafoneでした。

お店についてSIMをちょうだいって言ったら、すぐに対応してくれました。ここまでチェコの人々みんな優しい。
3GBで500CZK (コルナ、だいたい5をかけるとJPYです。)でした。
お店のお姉さんがその場でセットもしてくれます。

「20分後に使えるようになるから」って言うのでちょっと不安になってカスタマーサポートのこととか、使えない場合はどうしたらいいのか、といろいろ質問したけど優しく答えてくれました。

結局使えたしね。よかった。

料金表はこちら。安い。気がします。

f:id:elifechan:20170926055716j:plain

チェコで買ったSIMでもヨーロッパ全域で使えるらしい。
確かにチェコでもハンガリーでもオーストリアでも使えています。
ユーロすごいな。

ちなみに今回は、メインのiPhoneにこのSIMを入れて、サブのiPhone4にソフトバンクのいつも使っているSIMを入れ日本の電話番号を受電できるようにしておいて、iPadはオフラインで使っています。

Kindle読み放題サービスには、るるぶのウィーン、プラハ、ブダペストバージョンが入っていてとても重宝しました。

街にでるよ。

空港から街にはExpressTrainで60CZK。
私は空港で公共機関3日間乗り放題チケットも買いました。街中の地下鉄、バス、メトロが3日間乗り放題で310CZKでした。

チケットかっこいい。

f:id:elifechan:20170926055014j:plain

3日間チケットは、基本的に1度開始の印のスタンプを押してしまったら後は誰に見せることもなく乗り放題です。
日本みたいに自動改札があるわけでもなく、みんな自由に乗り降りできます。

突然チケットの確認の人が来るらしく、その時に正規のチケットを持っていないと高額な罰金を払わなければならないので、街の人はたいだいみんなマンスリーのパスを持っているらしいです。

この方法は、プラハだけでなくウィーンでもそうでした。

街に出たら、トラムに乗り換えてホテルへ到着。
トラムの乗り換えも案外簡単でした。

いえーい。

つづく。